MENU

肌の老化を加速度的に進行させる紫外線の種類と特徴とは?

 

太陽から届く紫外線には「UVC」「UVB」「UVA」という3種類があります。

 

波長が短い方から「UVC」「UVB」「UVA」という順番になるのですが、波長が一番短い「UVC」はオゾン層などで吸収されて地球には届きません。
 
波長の短いUV-B(280~315nm)が0.2%となっており、皮膚下0.1mmまで2~8%くら透過して表皮細胞を破壊したり、新陳代謝の周期を乱して、シミやくすみなどの原因となっているのです。
そして一番波長の長いUV-A(315~400nm)が表皮を超えて真皮にまで届き、表皮だけでなく、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、真皮線維芽細胞を損傷してしまうのです。

 

またUVAは表皮細胞の底にある色素細胞にもダメージを与えます。色素細胞は、表皮と真皮の間にありますが、真皮は肌の弾力性やハリにおいて大きな働きをしているのですが、この働きは色素細胞が真皮の波打つ形状のによって保たれているのです。しかし、強いUVAを長時間、厚さが約0.3mmしかない表皮の底の色素細胞が浴びると、損傷して弾力性が失われて、肌のハリや弾力性にも大きく影響し損なわれてしまうのです。これがしわとなる大きな原因の一つです。

 

 

環境庁

 

波長(ナノメートル)が短いものほど肌に与える影響が強くなります。そういう意味ではUV-Cがもっと危険な紫外線Cとなりますが、現時点では紫外線Cはオゾン層によって守られていますが、今後オゾン層破壊の進行に伴い気をつけなければいけません。

 

しかし、現在、皮膚がんや白内障に影響しているのが「紫外線B(UV-B)」です。紫外線B(UV-B)によって、細胞の遺伝子が壊され、壊された遺伝子が修復過程において「突然変異」となって修復されることがあります。この「突然変異」の遺伝子が皮膚がんの原因となります。

 

 

 

光老化は皮膚がんにもつながるので要注意!?

 

光老化はしわやたるみのみならずシミも作ります。
UVAで損傷を受けた色素細胞にエラーが起こり、メラニン色素をどんどん生成してしまうためです。また過剰に生成されたメラニン色素は表皮から真皮にも漏れだして、真皮の表面に溜まり、色素沈着をおこしてしまうのです。更に免疫力が落ちるためにイボなどの感染症を起こしやすくなりますし、DNAが紫外線で損傷されて異変した表皮細胞ががん化して皮膚がんの発症も招いてしまうのです。

 

実際に強い紫外線を長時間浴びてシミやしわが多い人が、その後皮膚がんを発症したというケースは数多く報告されているようです。

 

紫外線の種類と特徴のまとめ

 

紫外線それぞれの特徴などは上記を参考にある程度把握していただけたと思うので、ここでまとめた肌への影響をもう一度よく確認して、日頃からの紫外線対策をしっかりと行っていきましょう。

 

UVAの肌への影響
UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのです。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

 

UVBの肌への影響
UVBは、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのです。

 

UVCの肌への影響
外線のうち、一番肌に悪影響があるのは、UV-Cです。UV-AやUV-Bに比べて波長が短くて、悪影響も大きいため、皮膚がんの原因になりやすいとされています。
しみ、しわ、たるみの原因はもちろん、短時間当たるだけで遺伝子をぼろぼろに破壊する強力な紫外線です。
これまでは、オゾン層に吸収されて地上には届いていませんでした。しかし、近年のオゾン層破壊の問題によって、次第に危険性が増しつつありますが、現時点ではさほど気にする必要もないでしょう。


アイクリームの基礎知識

目元の様々な悩み

肌老化の3大要因

美肌のための生活習慣

エイジングコラム

...about

人気アイクリーム徹底調査!

このページの先頭へ