MENU

目元のしわやたるみの原因が糖化!?最新のシワ・たるみ対策は抗糖化にあり!

 

あなたも聞いたことはあるかもしれませんが「糖化」という言葉の意味をご存知でしょうか。

 

多くの人は紫外線、酸化、乾燥といった外側のスキンケアばかり気にしがちです。しかし、肌の老化は外的な要因だけでなく内側からも進んでいきます。この老化現象を「糖化」といいます。
肌の糖化が進むと、見た目の老化が急速に進んでしまします。様々なアンチエイジング研究においては活性酸素以上に肌や身体の老化に影響しているといわれており、 体内の余剰な糖質がタンパク質と結びつくことでAGEs(終末糖化産物)を作り出してしまうことをいいます。

 

またこのAGEは肌は髪、内臓、血管、骨にいたるまでタンパク質が存在する場所すべてにおいて発生してしまうもので、全身の細胞や組織を攻撃して機能低下および老化させてしまう重要な要因になりえるのです。

 

 

 

糖化が及ぼすコラーゲンと肌の老化現象

 

血糖値が高いことが、なぜカラダにダメージを与えるのでしょうか?その仕組を詳しく解説していきます。
血液中の血糖値が高かったり、血糖値が急上昇したりすると、糖がタンパク質(アミノ酸)と結合して「糖化」という現象を引き起こします。糖化したアミノ酸は最終的に「AGEs」という物質になりますが、このAGEsは老化に深く関わっています。

 

糖化は細胞を劣化させるのではなく、まず細胞が作ったコラーゲンなどのタンパク質にダメージを与えます。血液中に糖が多くなると、血液中の糖が血管外に染みだしていき、カラダの組織を作る細胞外マトリックスを糖化させて老化させるのです。
例えば、コラーゲンは皮膚組織の70%を占めますが、糖化してAGEsになると茶色に変色して、脆くなってしまいます。そして、皮膚組織の中でAGEsがたまっていくとシミやしわ、たるみなどが起こるのです。

 

糖化が起こると目元のシワ・たるみにどんな影響があるのか?

 

先程もでてきたこのAGEsは肌老化すべてに影響してくるといっても過言ではないということ。
シワ・たるみに影響する真皮のコラーゲンやエラスチンに対しては、変性・劣化を促進させるので、糖化したコラーゲンはどんどん弾力がなくなり、 萎縮してしまうので強度がなくなって、切れたり、たるんでしまうようになります。

 

またAGEsは褐色なので、糖化が進むと肌を黄色くくすんだ色に見せ、老けた印象を与えてしまいます。また、AGEsは一度出来てしまうと分解されずどんどん蓄積します。特に、コラーゲンなどは代謝のサイクルが遅いタンパク質なので、蓄積しやすいと考えられています。

 

糖化を防ぐ"抗糖化"を意識した生活習慣の見直しが大切

 

では、どうしたらこの糖化を防げるのでしょうか? AGEsを多く含む食品に気をつけることはもちろん、食後すぐ10分ほどウォーキングでも体内の糖が使われ、食後の血糖値は上がりにくくすることが出来ます。

 

また血糖値を上げにくい食事をすることも大切。糖化はゆっくりと進行する自然な老化現象であるため、こうした普段のお手入れが糖化防止に繋がります。糖化が進まないようにするためには、生活習慣、特に食事によるところが大きくなります。

 

 
糖化を防ぐ3つのポイント!

  1. 糖質を含むものを適度に抑える
  2. 血糖値が急上昇する食べ方をしない
  3. 痩せる&適度な運動

それでは一つ一つ詳しく見ていきましょう。

糖質を含むものを食べすぎない
食事にかんしては血糖値の上がりにくい低GI(グリセミックインデックス)食材を取り入れるのが効果的です。 GIとは食品の摂取後に血糖値の上がる速さを数値化したものになります。

 

ご飯、パン、麺類など炭水化物や揚げたり焼いてあるキツネ色に焦げ目があるような食べ物はNGいうことです。 この辺はもうお察しがつくでしょうが、フライドポテト、ホットケーキ、鶏の唐揚げ、クッキー、清涼飲料水といった多糖のものはダメということです。

 

血糖値が急上昇するのを抑える
糖化を防止するには、血糖値を急上昇させないバランス良い食事を心がけます。特に白砂糖を多く含んだ菓子パンなどは、血糖値を一気に上昇させるため要注意です。調理の時も白砂糖を黒砂糖などミネラルを含んでいる食材へチェンジしましょう。

 

また食べる順番も血糖値上昇に効果があり、最初に食物繊維のある食べ物を食べてからフライドポテト、ホットケーキ、鶏の唐揚げといった食べ物を食べるようにしてください。 食物繊維の働きのおかげで糖の吸収がおだやかになるので血糖値の上昇が抑えられます。

 

また食事と一緒にカモミール、ハーブ、どくだみといった糖化反応を抑制してくれるお茶を飲むことも高い効果を発揮してくれます。

 

痩せる&適度な運動
食後の軽い運動の習慣化もそうですが、適度な有酸素運動をする事で、体内に蓄積された糖を減少させる事ができます。通勤時などのウォーキングがおすすめですが、時間をとる事が難しい場合は、エレベーターやエスカレーターでの移動を階段に変えてみたり、近所の移動は車や自転車ではなく徒歩に変えてみたり、日常生活の中で積極的に運動の機会を作るようにしましょう。

 

また睡眠の質も同様に抗糖化に大きく影響してくるので生活習慣全般の見直しが必須といえます。

 

糖化を意識した抗糖化スキンケアを取り入れる

 

ここまでお読みいただきとにかく血糖値をあげないことが抗糖化、抗AGEsでは一番大切なことになるということはご理解いただけたでしょう!
糖化というものをはじめて知ったという人は、しわやシミ・たるみを防ぐだけでなく、美しい肌と健康な身体を保つためには抗糖化、抗AGEというのが 凄く大事なんだということを念頭においてスキンケアも意識しておいて欲しいと思います。

 

抗糖化におけるスキンケアで大切なのは、肌の細胞を傷つけてしまう紫外線は糖化現象で作られる「AGEs」を作りやすくしてしまうということ。日焼け止めクリームを使用するなど紫外線対策は必須です。糖化予防に効果的だと言われる「ビタミンA」「ビタミンE」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」の生成を助ける働きがある「植物エキス」が配合されたものなどを選びスキンケアをする事が糖化予防となります。

 

また顔の血流を良い状態にしてあげる事も糖化予防に効果的であるため、日々のお手入れに"軽い"マッサージを加える事もおすすめです。スキンケアアイテムを選ぶ際には上述のとおり「ビタミンA」や「ビタミンE」配合を一つの基準としていくと良いでしょう。

 

 


アイクリームの基礎知識

目元の様々な悩み

肌老化の3大要因

美肌のための生活習慣

エイジングコラム

...about

人気アイクリーム徹底調査!

このページの先頭へ